●ご依頼・お問い合わせ メールTwitterpixiv
●近況や雑記 はてなブログ
●同人誌やグッズの通販  BOOTH / 電子書籍(Kindle等) Hybrid Library
●今後のイベント参加予定
5月7日 砲雷撃戦!よーい!29戦目@東京ビッグサイト
 ・雪風手記「陽 -奇跡と呼ばれた駆逐艦の手記-」第二集 プレビュー版を予定
7月2日 第十七駆逐隊オンリー「司令、笑ってるうちにやめような」@呉
 ・「駆逐艦磯風の憤慨」? みたいなのを刊行予定

お知らせ -News-

五月砲雷の新刊「陽」第二集はプレビュー版に

ご無沙汰しています、弥生肇です。

最近、仕事がどったんばったんしていて(けもフレおもしろかったですね)、Twitterや同人活動にまわす余力がほとんどなくおとなしめです、申し訳ありません。
ビジネス書とか実用書とかビジネス書とか実用書とか、ソシャゲシナリオとかえろソシャゲシナリオとかビジネスアプリテキストとか、いろいろ書いてて、本当によろずライターみたいになってきました。

仕事がそのような状況で、5/7の砲雷撃戦になんとか間に合わせようと苦心していた雪風の手記小説「陽」第二集ですが、書き切った状態・イラストもちゃんと描いていただいた状態でのリリースがほぼ不可能となってしまいました。
そのためまことに申し訳ありませんが、五月砲雷でリリースする「陽」第二集はプレビュー版になる予定です。
完全版は、7/2の十七駆オンリー@呉までには、必ず

プレビュー版の仕様やお値段はまだぼんやり考えているだけですが、

 ・小説内容は、完全版の半分程度? 50ページくらいかなあ。
 ・表紙イラストは、私が描きます(笑)
 ・お値段は100円~300円かなあ。ページ数による。
 ・後日、完全版をお買い上げいただく際にプレビュー版を買ったことを示してくだされば、プレビュー版分の価格割引
   ・プレピュー版現物を提示してもらう
   ・プレビュー版巻末掲載の合言葉を告げてもらう(通販なら備考で書き添えてもらう)

こんな感じで考えています。
後日の割引はハッキリ言って大赤字になるんですけど、まあなんとかなるでしょう(笑)。
もともと「陽」は全部売れても数万円赤字の価格設定なんですが、さらに赤字が出ても受け止められるよう仕事頑張ります。

費用面でご支援いただけるありがたい方は、割引辞退していただくとか、私の電子書籍を買っていただくとか、AmazonのKindle Unlimited会員の方はわざわざ私の本を買わなくても読み放題でぺらぺらしていただくだけでも私にお金が入ってきますので、ご協力いただけると大変嬉しいです。

2017年03月30日

2017あけおめです

今年もよろしくお願い致します。

創作は、オリジナルも二次創作もやりたいことがてんこ盛りなのですが、
最近、仕事を抱えすぎてしまっていて……
創作物をいろいろと発表していくのは春先以降になりそうです。

とりあえずは、
 ・5/7 砲雷撃戦で、雪風手記「陽 -奇跡と呼ばれた駆逐艦の手記」第二集を、
 ・7/2 十七駆オンリーで、なにか
 ・8月 夏コミで、個人誌・合同誌2件寄稿
こんな予定があります。

上記は全部艦これ二次創作ですが、オリジナルももぞもぞ考えています。

在庫のある既刊はBOOTH通じて自家通販やってますので、よろしければ眺めてみてください!

2017年01月11日

2016冬コミ おしながき

おしながきです! いろいろあって恐縮ですが! 本の詳細については前回記事(下方)などご覧ください!
おしながきには載せられてませんが、オリジナルSF小説「アンダーグラウンド・エンカウンター」も少数持っていきます。

2016年12月24日

2016冬コミ 作品情報など

初日の12/29、東G40b「春夏秋冬春一番」で参加します。
自分で新刊を出す以外にも合同誌2件に寄稿しており、下記3作品の新作があります。
参加した合同誌は私のスペースでも少数頒布。

①サークル「春夏秋冬春一番」 東G40b(←クリックでWebカタログへ)

新刊は、「雪風と 海の京都、夏の霜」。文庫42P/300円。
たった二人の第十七駆逐隊になった雪風と初霜の最期の夏を、史実ベースで物語にしました。
本文はpixivに掲載しています。

その他の下記頒布物の詳細は、メニューの「二次創作」内をご覧ください。お品書きはもう少しして公開予定。
 ・既刊「駆逐艦浜風の憂鬱」 文庫28P/200円
 ・既刊「陽 -奇跡と呼ばれた駆逐艦の手記 第一集」 文庫140P/500円
 ・既刊「雪風と」シリーズ
 ・既刊「私の艦これ」シリーズ
 ・下記②③の合同誌

②サークル「きっ(o゚ω゚o)ちん」 東F53b (←クリックでWebカタログへ)

艦これ小説合同誌を出し続けているサークル「きっ(o゚ω゚o)ちん」の末席に私も今冬から加わりました。

私は、「地球の声と深海の音、海の家」という作品を寄稿しました。
伊58ともう1人、しおいちゃんそっくりの子が出てきます。戦後に長崎県五島列島沖で、伊58ほか24隻の潜水艦が海没処分されましたが、それを題材にした戦後の彼女たちのお話です。
サンプルはpixivにあります。合同誌の特設サイトはこちら

③サークル「現実対虚構。」 東F59b (←クリックでWebカタログへ)

艦これ世界で横須賀に巨大不明生物が現れたという設定で書く企画「艦これx巨大不明生物『シン・海棲艦』」
私は「艦娘と深海棲艦 -シン・エトランゼ-」という作品を寄稿しました。
雪風とプリンツ・オイゲンを主要キャラクターにしつつ、艦娘の起源と不明生物に関する話を考えてみました。
正直、今までいろいろ書いてきた小説の中でトップクラスに難産でした……
サンプルはpixivにおいています。

2016年12月22日

2016冬コミ参加情報

今年の冬コミもスペース頂けました。初日の12/29、東G40bです。
今回は自分で新刊を出す以外にも、合同誌2件に寄稿しています。詳細は別途公開。

①サークル「春夏秋冬春一番」 東G40b(←クリックでWebカタログへ)

私のスペースです。頒布物予定は下記。各作品の詳細はメニューの「二次創作」内に記載しています。
 ・新刊「雪風と 海の京都、夏の霜」 雪風と初霜の、最期の夏のお話です。
 ・既刊「駆逐艦浜風の憂鬱」
 ・既刊「陽 -奇跡と呼ばれた駆逐艦の手記 第一集」
 ・既刊「雪風と」シリーズ
 ・既刊「私の艦これ」シリーズ
※下記②③の私の参加作品は、もしかしたら私のスペースにも置いてるかも。

②サークル「きっ(o゚ω゚o)ちん」 東F53b (←クリックでWebカタログへ)

力作の艦これ小説合同誌を出し続けているサークル「きっ(o゚ω゚o)ちん」の末席に私も今冬から加えて頂きました。
詳細は別途公開しますが、潜水艦娘のお話を寄稿しています。
私が最も好きな潜水艦娘と、もう1人、ゲームでは未実装の潜水艦の子を扱ってみました。結構ホットな題材の史実をテーマにしています。

③サークル「現実対虚構。」 東F59b (←クリックでWebカタログへ)

もう6年の付き合いになる作家・シナリオライター友人の茶渡エイジさんが、企画「艦これx巨大不明生物『シン・海棲艦』」を立ち上げてしまったので、勢いで参加しました。
こちらでは、雪風や他の艦娘たちがでっかいのに挑む話を寄稿しています。

2016年10月30日
» 続きを読む