●ご依頼・お問い合わせ メールTwitterpixiv
●近況や雑記 はてなブログ
●同人誌やグッズの通販  BOOTH / 電子書籍(Kindle等) Hybrid Library
●今後のイベント参加予定
☆7/2(日) 第十七駆逐隊オンリー「司令、笑ってるうちにやめような」@呉(ビューポートくれ)スペースNo.5
・新刊は短編小説「駆逐艦磯風の奮闘」200円

☆8/11(金) 夏コミ初日 東J21b「春夏秋冬春一番」
・新刊は、「陽 -奇跡と呼ばれた駆逐艦の奇跡-」第二集 完全版
・【寄稿1】東F39a「主の本棚」/五月雨涼風合同誌「夏の水影 空の風音」に、短編「新人秘書艦と、肝試しが必要な鎮守府」を寄稿
・【寄稿2】東I37b「きっ(o゚ω゚o)ちん」/詳細、別途追記

お知らせ -News-

7/2艦これ十七駆オンリー@呉

7/2に広島県呉市のビューポートくれで開催される、艦これ第十七駆逐隊オンリー「司令、笑ってる内にやめような。」に参加します。スペースNo.5です。

新刊は、短編小説「駆逐艦磯風の奮闘」。また怒られそうな表紙になってしまいました。
磯風が司令と釣りをしたり魚を焼いたりするお話です。

文庫/28P/200円。
後日BOOTHで通販登録しますし、コミケ等今後のイベントでも売り切れるまで頒布しますが、呉近辺にお住まいでお暇な方は、よろしければイベントへお越しください!

その他お品書きは下記4枚です~。

2017年06月28日

『小説同人誌をつくろう!』刊行です

『小説同人誌をつくろう!』という本を、総合科学出版より上梓することとなりました。5/25発売です。

私の人生初めての商業出版物となります。

この本は、同人誌の作り方のハウツー本ではありません。
技術的なハウツー本ならすでにたくさん刊行されていますし、つい先日、Adobeがこんな記事を公開しました。Adobeのツールを使うだけのお金を投じられる方は、これに従って本を作れば技術面は間違いないです。

『小説同人誌をつくろう!』はそういうハウツーではなく、私が20年近く同人をやってきて、全然本が売れずに苦しんで、だけど楽しかったこと、体験したことや感じたことをもとに、「こういう風に本を作って同人活動すれば、小説を書くのが少しだけ楽しくなるんじゃない?」というのをまとめた本です。

小説を書いているけど同人活動をやったことない方や、同人をやっているけど苦しんでる方は、よろしければ眺めてみてくださいませ。

ちなみに通販はAmazonをはじめとして、あちこちで扱っていただいてるようです。
書店は、大規模書店や、漫画・アニメ系専門店の一部で取り扱っていただけるのではないかと思います。
確実に入手するならAmazonでしょうが、内容が気になる方は書店で探して中身をご覧になってみてください。

以下、目次です。

第1章 小説同人誌をつくろう
1.なぜ作品を書くのか
2.小説同人誌とは
3.二次創作は認められるのか
4.編集と校正ってなに?
5.レイアウトやフォントも意識しよう
6.気になるタイトルとは?
7.表紙は本も顔
★コラム1:『表紙デザインで大ゲンカした話』
8.イラストを依頼するには
9.本の装幀あれこれ
10.同人誌の印刷と製本
11.いくらで売る?
★コラム2:『刷りすぎて爆死した話』

第2章 本を手に取ってもらうには
1.発表の場はたくさんある
2.同人のメッカ〝コミケ〟
★コラム3:『初参加のコミケでお隣からエロゲをもらった話』
3.オリジナルの総本山〝コミティア〟
4.文章なら〝文学フリマ〟を忘れるな
5.売る前に宣伝を
6.宣伝いろいろ
★コラム4:『宣伝不足だったり宣伝しすぎだったりする話』
7.出展スペースのイロハ
8.本を手に取ってもらうための工夫
9.イベントのあと ~兵どもが夢の跡~
10.委託販売で書店に本を並べよう
11.感想の意味

第3章 本から生まれる交流
1.イベントは本を売るだけの場ではない
2.1人の仲間、1人の読者を見つけ出せ
3.Twitter は創作の味方
4.オフ会の光と闇
★コラム5:『裸の付き合いをしているのに本名も知らない話』
5.サークルに入るとなにがいいのか
6.合同誌の苦悩
★コラム6:『オタサーの姫現象は実際に起きるという話』
7.交流してたら仕事が来た
★コラム7:『同人コネの文筆業だけで生計を立てている話』

第4章 電子書籍の波にのれ!
1.電子書籍とは
2.印刷代ゼロ、在庫不要
3.Kindle? Kobo? 専用端末は必要?
4.小説の電子書籍を作って販売してみよう
5.電子書籍のセルフパブリッシング作家は多芸多趣味な人が多い?
★コラム8:『セルパブ作家の飲み会は殴り合いみたいだったという話』
6.電子書籍で一財産築ける?

 

2017年05月25日

五月砲雷撃戦ありがとうございました

5/7の砲雷撃戦、スペースにお越しいただいた方々ありがとうございました!

今回の新刊は、艦これの雪風手記風小説「陽」の第二集……のプレビュー版でした。ちゃんと書き切った状態での刊行が間に合わずすみません。
プレビュー版なのに多くの方に買っていただき、また今回は、「第一集よかったです」「続きを待ってました」という声を何人もの方からいただき、とても嬉しかったです。

実は、同人誌で続き物を出すという経験が、18年ほど同人をやってきて初めてでした。
続き物を出すと2巻以降の購入ハードルは上がりますし(前の巻がおもしろかった人しか買ってくれない)、全巻の在庫を基本的に持っておかねばならない=在庫管理/お金管理の面で難易度があがるので、弱小同人物書きの私はずっと敬遠していました。
でも、そのリスクを背負ってでも書いてみたいと思って始めた雪風の「陽」ですが、予想以上の反響をいただいていて、本当に嬉しいです。
太平洋戦争の終焉まで書き切れるのは何年後になるのか、まして雪風が台湾に渡ってからの話まで触れるつもりなんですがいつ終わるのか、本当に完走できるのか……予定は未定ですが、牛歩でも、他の創作もやりつつのんびり書いていこうと思います。

 

●別件●
初めての自著を、総合科学出版より刊行させていただきます。
「小説同人誌を作ろう!」というタイトルの本です。
告知はもう少ししてから、改めてこのサイトやブログで実施します。
一応、Amazonページもできてます。5/25発売予定。

ちなみに砲雷撃戦で、以下のようなペーパーを配りました。宣伝全開ですみません。

小説家になろうとサラリーマンを辞めて、ゲームシナリオやビジネス書等のライティングなどいろんな仕事をさせていただきつつ、やっと辿り着いた自著は、同人活動で苦労してきた体験を吐き出しながらかたちにした実用書でした。
いまだに右往左往しつつの人生ですけど、いろんな寄り道をしながらやりたいことに近づいてる気がします。

本書は、小説同人誌のうまい作り方や儲け方を書いたものではありません。そんなものを本にできるほど知っているならば、私は今頃もっと裕福な毎日を送っているでしょう(笑)。
小説を書いてるけどなんかおもしろくない、なかなか読んでもらえなくて充実感がない……そんな人の毎日が同人活動で少しでも楽しいものになれば、なにかのヒントにでもなれば……と思って書いたものです。

書店で見かけたら、ぺらぺらとでもめくっていただければ幸いです。

 

2017年05月08日

五月砲雷の新刊「陽」第二集はプレビュー版に

ご無沙汰しています、弥生肇です。

最近、仕事がどったんばったんしていて(けもフレおもしろかったですね)、Twitterや同人活動にまわす余力がほとんどなくおとなしめです、申し訳ありません。
ビジネス書とか実用書とかビジネス書とか実用書とか、ソシャゲシナリオとかえろソシャゲシナリオとかビジネスアプリテキストとか、いろいろ書いてて、本当によろずライターみたいになってきました。

仕事がそのような状況で、5/7の砲雷撃戦になんとか間に合わせようと苦心していた雪風の手記小説「陽」第二集ですが、書き切った状態・イラストもちゃんと描いていただいた状態でのリリースがほぼ不可能となってしまいました。
そのためまことに申し訳ありませんが、五月砲雷でリリースする「陽」第二集はプレビュー版になる予定です。
完全版は、7/2の十七駆オンリー@呉までには、必ず

プレビュー版の仕様やお値段はまだぼんやり考えているだけですが、

 ・小説内容は、完全版の半分程度? 50ページくらいかなあ。
 ・表紙イラストは、私が描きます(笑)
 ・お値段は100円~300円かなあ。ページ数による。
 ・後日、完全版をお買い上げいただく際にプレビュー版を買ったことを示してくだされば、プレビュー版分の価格割引
   ・プレピュー版現物を提示してもらう
   ・プレビュー版巻末掲載の合言葉を告げてもらう(通販なら備考で書き添えてもらう)

こんな感じで考えています。
後日の割引はハッキリ言って大赤字になるんですけど、まあなんとかなるでしょう(笑)。
もともと「陽」は全部売れても数万円赤字の価格設定なんですが、さらに赤字が出ても受け止められるよう仕事頑張ります。

費用面でご支援いただけるありがたい方は、割引辞退していただくとか、私の電子書籍を買っていただくとか、AmazonのKindle Unlimited会員の方はわざわざ私の本を買わなくても読み放題でぺらぺらしていただくだけでも私にお金が入ってきますので、ご協力いただけると大変嬉しいです。

2017年03月30日

2017あけおめです

今年もよろしくお願い致します。

創作は、オリジナルも二次創作もやりたいことがてんこ盛りなのですが、
最近、仕事を抱えすぎてしまっていて……
創作物をいろいろと発表していくのは春先以降になりそうです。

とりあえずは、
 ・5/7 砲雷撃戦で、雪風手記「陽 -奇跡と呼ばれた駆逐艦の手記」第二集を、
 ・7/2 十七駆オンリーで、なにか
 ・8月 夏コミで、個人誌・合同誌2件寄稿
こんな予定があります。

上記は全部艦これ二次創作ですが、オリジナルももぞもぞ考えています。

在庫のある既刊はBOOTH通じて自家通販やってますので、よろしければ眺めてみてください!

2017年01月11日
» 続きを読む