8/11夏コミの参加情報

今年の夏コミも参加します。
8/11(金)東J21b「春夏秋冬春一番」 です。

新刊は、雪風の手記小説の2巻、
「陽 -奇跡と呼ばれた駆逐艦の手記-」第二集です。

文庫174P、700円予定。

今回も、すみさんに素敵すぎるイラストを描いていただきました。デザインはぶやんさん。
このカバーデザインが仕上がったときにまず感じたのは、「赤外線でまくりだ!」でした。文系の私は赤外線についてよくわかってなくて、あとで調べたら温度を持つ物質はなんでも赤外線を発してるらしくて一人で恥ずかしくなったんですが、そんなことはどうでもいいですね。

とにかくあたたかい感じの表紙が目印!
内容は、

雪風が呉鎮守府に配属され、
第十六駆逐隊の四人が集結するまでの話、
紀元二千六百年特別観艦式、
大和との出会い、
太平洋戦争開戦、スラバヤ沖海戦…… などです。

史実と艦これと弥生肇オリジナリティ(?)を鼎立させるのに四苦八苦しましたが、自分なりに、空気をまとめられたのではないかと思っています。

pixivに序盤のサンプルあげてます!
コミケ来られない方向けに、BOOTH通販ページももう作りました!

目次は、

第一部 呉に集う仲間
 ひとりぼっちで始まる呉
 最初の僚艦は人見知り(※pixivでは、ここまでを投稿)
 十六駆、呉を知る
 最大最強の大和撫子
 紀元二千六百年特別観艦式
 一つの分岐
 磯風との再会
 天津風と時津風
 前夜

第二部 緒戦
 開戦
 スラバヤ沖に沈みゆく声の主は

 

今夏は、天凪さん主宰の五月雨・涼風合同誌「夏の水風、空の風音」にも寄稿しており、私のスペースでも少部数頒布予定です。
その他おしながきなどはもう少々お待ちください。

溜まりに溜まった仕事が、仕事が……! この土日で倒す!!!!

2017年07月29日