お知らせ -News- 一覧

『小説同人誌をつくろう!』刊行です

『小説同人誌をつくろう!』という本を、総合科学出版より上梓することとなりました。5/25発売です。

私の人生初めての商業出版物となります。

この本は、同人誌の作り方のハウツー本ではありません。
技術的なハウツー本ならすでにたくさん刊行されていますし、つい先日、Adobeがこんな記事を公開しました。Adobeのツールを使うだけのお金を投じられる方は、これに従って本を作れば技術面は間違いないです。

『小説同人誌をつくろう!』はそういうハウツーではなく、私が20年近く同人をやってきて、全然本が売れずに苦しんで、だけど楽しかったこと、体験したことや感じたことをもとに、「こういう風に本を作って同人活動すれば、小説を書くのが少しだけ楽しくなるんじゃない?」というのをまとめた本です。

小説を書いているけど同人活動をやったことない方や、同人をやっているけど苦しんでる方は、よろしければ眺めてみてくださいませ。

ちなみに通販はAmazonをはじめとして、あちこちで扱っていただいてるようです。
書店は、大規模書店や、漫画・アニメ系専門店の一部で取り扱っていただけるのではないかと思います。
確実に入手するならAmazonでしょうが、内容が気になる方は書店で探して中身をご覧になってみてください。

以下、目次です。

第1章 小説同人誌をつくろう
1.なぜ作品を書くのか
2.小説同人誌とは
3.二次創作は認められるのか
4.編集と校正ってなに?
5.レイアウトやフォントも意識しよう
6.気になるタイトルとは?
7.表紙は本も顔
★コラム1:『表紙デザインで大ゲンカした話』
8.イラストを依頼するには
9.本の装幀あれこれ
10.同人誌の印刷と製本
11.いくらで売る?
★コラム2:『刷りすぎて爆死した話』

第2章 本を手に取ってもらうには
1.発表の場はたくさんある
2.同人のメッカ〝コミケ〟
★コラム3:『初参加のコミケでお隣からエロゲをもらった話』
3.オリジナルの総本山〝コミティア〟
4.文章なら〝文学フリマ〟を忘れるな
5.売る前に宣伝を
6.宣伝いろいろ
★コラム4:『宣伝不足だったり宣伝しすぎだったりする話』
7.出展スペースのイロハ
8.本を手に取ってもらうための工夫
9.イベントのあと ~兵どもが夢の跡~
10.委託販売で書店に本を並べよう
11.感想の意味

第3章 本から生まれる交流
1.イベントは本を売るだけの場ではない
2.1人の仲間、1人の読者を見つけ出せ
3.Twitter は創作の味方
4.オフ会の光と闇
★コラム5:『裸の付き合いをしているのに本名も知らない話』
5.サークルに入るとなにがいいのか
6.合同誌の苦悩
★コラム6:『オタサーの姫現象は実際に起きるという話』
7.交流してたら仕事が来た
★コラム7:『同人コネの文筆業だけで生計を立てている話』

第4章 電子書籍の波にのれ!
1.電子書籍とは
2.印刷代ゼロ、在庫不要
3.Kindle? Kobo? 専用端末は必要?
4.小説の電子書籍を作って販売してみよう
5.電子書籍のセルフパブリッシング作家は多芸多趣味な人が多い?
★コラム8:『セルパブ作家の飲み会は殴り合いみたいだったという話』
6.電子書籍で一財産築ける?

 

2017年05月25日

五月砲雷撃戦ありがとうございました

5/7の砲雷撃戦、スペースにお越しいただいた方々ありがとうございました!

今回の新刊は、艦これの雪風手記風小説「陽」の第二集……のプレビュー版でした。ちゃんと書き切った状態での刊行が間に合わずすみません。
プレビュー版なのに多くの方に買っていただき、また今回は、「第一集よかったです」「続きを待ってました」という声を何人もの方からいただき、とても嬉しかったです。

実は、同人誌で続き物を出すという経験が、18年ほど同人をやってきて初めてでした。
続き物を出すと2巻以降の購入ハードルは上がりますし(前の巻がおもしろかった人しか買ってくれない)、全巻の在庫を基本的に持っておかねばならない=在庫管理/お金管理の面で難易度があがるので、弱小同人物書きの私はずっと敬遠していました。
でも、そのリスクを背負ってでも書いてみたいと思って始めた雪風の「陽」ですが、予想以上の反響をいただいていて、本当に嬉しいです。
太平洋戦争の終焉まで書き切れるのは何年後になるのか、まして雪風が台湾に渡ってからの話まで触れるつもりなんですがいつ終わるのか、本当に完走できるのか……予定は未定ですが、牛歩でも、他の創作もやりつつのんびり書いていこうと思います。

 

●別件●
初めての自著を、総合科学出版より刊行させていただきます。
「小説同人誌を作ろう!」というタイトルの本です。
告知はもう少ししてから、改めてこのサイトやブログで実施します。
一応、Amazonページもできてます。5/25発売予定。

ちなみに砲雷撃戦で、以下のようなペーパーを配りました。宣伝全開ですみません。

小説家になろうとサラリーマンを辞めて、ゲームシナリオやビジネス書等のライティングなどいろんな仕事をさせていただきつつ、やっと辿り着いた自著は、同人活動で苦労してきた体験を吐き出しながらかたちにした実用書でした。
いまだに右往左往しつつの人生ですけど、いろんな寄り道をしながらやりたいことに近づいてる気がします。

本書は、小説同人誌のうまい作り方や儲け方を書いたものではありません。そんなものを本にできるほど知っているならば、私は今頃もっと裕福な毎日を送っているでしょう(笑)。
小説を書いてるけどなんかおもしろくない、なかなか読んでもらえなくて充実感がない……そんな人の毎日が同人活動で少しでも楽しいものになれば、なにかのヒントにでもなれば……と思って書いたものです。

書店で見かけたら、ぺらぺらとでもめくっていただければ幸いです。

 

2017年05月08日

五月砲雷の新刊「陽」第二集はプレビュー版に

ご無沙汰しています、弥生肇です。

最近、仕事がどったんばったんしていて(けもフレおもしろかったですね)、Twitterや同人活動にまわす余力がほとんどなくおとなしめです、申し訳ありません。
ビジネス書とか実用書とかビジネス書とか実用書とか、ソシャゲシナリオとかえろソシャゲシナリオとかビジネスアプリテキストとか、いろいろ書いてて、本当によろずライターみたいになってきました。

仕事がそのような状況で、5/7の砲雷撃戦になんとか間に合わせようと苦心していた雪風の手記小説「陽」第二集ですが、書き切った状態・イラストもちゃんと描いていただいた状態でのリリースがほぼ不可能となってしまいました。
そのためまことに申し訳ありませんが、五月砲雷でリリースする「陽」第二集はプレビュー版になる予定です。
完全版は、7/2の十七駆オンリー@呉までには、必ず

プレビュー版の仕様やお値段はまだぼんやり考えているだけですが、

 ・小説内容は、完全版の半分程度? 50ページくらいかなあ。
 ・表紙イラストは、私が描きます(笑)
 ・お値段は100円~300円かなあ。ページ数による。
 ・後日、完全版をお買い上げいただく際にプレビュー版を買ったことを示してくだされば、プレビュー版分の価格割引
   ・プレピュー版現物を提示してもらう
   ・プレビュー版巻末掲載の合言葉を告げてもらう(通販なら備考で書き添えてもらう)

こんな感じで考えています。
後日の割引はハッキリ言って大赤字になるんですけど、まあなんとかなるでしょう(笑)。
もともと「陽」は全部売れても数万円赤字の価格設定なんですが、さらに赤字が出ても受け止められるよう仕事頑張ります。

費用面でご支援いただけるありがたい方は、割引辞退していただくとか、私の電子書籍を買っていただくとか、AmazonのKindle Unlimited会員の方はわざわざ私の本を買わなくても読み放題でぺらぺらしていただくだけでも私にお金が入ってきますので、ご協力いただけると大変嬉しいです。

2017年03月30日

2017あけおめです

今年もよろしくお願い致します。

創作は、オリジナルも二次創作もやりたいことがてんこ盛りなのですが、
最近、仕事を抱えすぎてしまっていて……
創作物をいろいろと発表していくのは春先以降になりそうです。

とりあえずは、
 ・5/7 砲雷撃戦で、雪風手記「陽 -奇跡と呼ばれた駆逐艦の手記」第二集を、
 ・7/2 十七駆オンリーで、なにか
 ・8月 夏コミで、個人誌・合同誌2件寄稿
こんな予定があります。

上記は全部艦これ二次創作ですが、オリジナルももぞもぞ考えています。

在庫のある既刊はBOOTH通じて自家通販やってますので、よろしければ眺めてみてください!

2017年01月11日

2016冬コミ おしながき

おしながきです! いろいろあって恐縮ですが! 本の詳細については前回記事(下方)などご覧ください!
おしながきには載せられてませんが、オリジナルSF小説「アンダーグラウンド・エンカウンター」も少数持っていきます。

2016年12月24日

2016冬コミ 作品情報など

初日の12/29、東G40b「春夏秋冬春一番」で参加します。
自分で新刊を出す以外にも合同誌2件に寄稿しており、下記3作品の新作があります。
参加した合同誌は私のスペースでも少数頒布。

①サークル「春夏秋冬春一番」 東G40b(←クリックでWebカタログへ)

新刊は、「雪風と 海の京都、夏の霜」。文庫42P/300円。
たった二人の第十七駆逐隊になった雪風と初霜の最期の夏を、史実ベースで物語にしました。
本文はpixivに掲載しています。

その他の下記頒布物の詳細は、メニューの「二次創作」内をご覧ください。お品書きはもう少しして公開予定。
 ・既刊「駆逐艦浜風の憂鬱」 文庫28P/200円
 ・既刊「陽 -奇跡と呼ばれた駆逐艦の手記 第一集」 文庫140P/500円
 ・既刊「雪風と」シリーズ
 ・既刊「私の艦これ」シリーズ
 ・下記②③の合同誌

②サークル「きっ(o゚ω゚o)ちん」 東F53b (←クリックでWebカタログへ)

艦これ小説合同誌を出し続けているサークル「きっ(o゚ω゚o)ちん」の末席に私も今冬から加わりました。

私は、「地球の声と深海の音、海の家」という作品を寄稿しました。
伊58ともう1人、しおいちゃんそっくりの子が出てきます。戦後に長崎県五島列島沖で、伊58ほか24隻の潜水艦が海没処分されましたが、それを題材にした戦後の彼女たちのお話です。
サンプルはpixivにあります。合同誌の特設サイトはこちら

③サークル「現実対虚構。」 東F59b (←クリックでWebカタログへ)

艦これ世界で横須賀に巨大不明生物が現れたという設定で書く企画「艦これx巨大不明生物『シン・海棲艦』」
私は「艦娘と深海棲艦 -シン・エトランゼ-」という作品を寄稿しました。
雪風とプリンツ・オイゲンを主要キャラクターにしつつ、艦娘の起源と不明生物に関する話を考えてみました。
正直、今までいろいろ書いてきた小説の中でトップクラスに難産でした……
サンプルはpixivにおいています。

2016年12月22日

2016冬コミ参加情報

今年の冬コミもスペース頂けました。初日の12/29、東G40bです。
今回は自分で新刊を出す以外にも、合同誌2件に寄稿しています。詳細は別途公開。

①サークル「春夏秋冬春一番」 東G40b(←クリックでWebカタログへ)

私のスペースです。頒布物予定は下記。各作品の詳細はメニューの「二次創作」内に記載しています。
 ・新刊「雪風と 海の京都、夏の霜」 雪風と初霜の、最期の夏のお話です。
 ・既刊「駆逐艦浜風の憂鬱」
 ・既刊「陽 -奇跡と呼ばれた駆逐艦の手記 第一集」
 ・既刊「雪風と」シリーズ
 ・既刊「私の艦これ」シリーズ
※下記②③の私の参加作品は、もしかしたら私のスペースにも置いてるかも。

②サークル「きっ(o゚ω゚o)ちん」 東F53b (←クリックでWebカタログへ)

力作の艦これ小説合同誌を出し続けているサークル「きっ(o゚ω゚o)ちん」の末席に私も今冬から加えて頂きました。
詳細は別途公開しますが、潜水艦娘のお話を寄稿しています。
私が最も好きな潜水艦娘と、もう1人、ゲームでは未実装の潜水艦の子を扱ってみました。結構ホットな題材の史実をテーマにしています。

③サークル「現実対虚構。」 東F59b (←クリックでWebカタログへ)

もう6年の付き合いになる作家・シナリオライター友人の茶渡エイジさんが、企画「艦これx巨大不明生物『シン・海棲艦』」を立ち上げてしまったので、勢いで参加しました。
こちらでは、雪風や他の艦娘たちがでっかいのに挑む話を寄稿しています。

2016年10月30日

駆逐艦浜風の憂鬱

10/16に板橋産連会館で開催される艦これ第十七駆逐隊オンリーイベント「司令、笑ってるうちにやめような」に参加致します。

暁リトさんによるイベントのキービジュアル。

第十七駆逐隊はご覧の通りの面々で、駆逐艦「磯風」「浦風」「浜風」「谷風」が太平洋戦争開戦時。その後に「雪風」「初霜」も籍を置く部隊です。

今回私は、「駆逐艦浜風の憂鬱 -これが第十七駆逐隊です-」という掌編小説集を作りました。

今回は表紙も私が描きました。がんばりました……。
ちなみにこのタイトルしかどうしても浮かばず、このタイトルにしたら、デザイナーのぶやんさんもこういう表紙デザインにするしかなくて、私も、全力で悪ノリに荷担してしまいました。
内容はハルヒとは全然違いますけど、他に言葉が見当たらなくて。第十七駆逐隊の面々に振り回される日々で浜風はとにかく憂鬱で、だけどやっぱり十七駆のことが大好き。そんなお話です。
磯風浦風谷風はもちろん、雪風初霜も登場します。他にも何人か史実で関わりのある艦娘に登場してもらってます。

文庫/28P/イベント頒価200円
内容サンプルは下記からどうぞ。

pixiv(表紙+文章画像サンプル)/ pixiv(本文サンプル)

2016年10月14日

コミティア117の新刊情報!

8/21(日)のコミティア117では、オリジナルSF小説「アンダーグラウンド・エンカウンター」を頒布します!

本の表紙は、いろいろ悩んだ結果、写真を使ったこういうものにしてみました。

ですが、↓こんな雰囲気のお話でもあります。
どこか不気味でどこかほのぼのとした、天才少女と謎の少年のボーイミーツガールストーリーです。


本件の本文サンプルは、pixivに序盤のみ掲載しています。
全文掲載ではない理由は、本作品で「コミティア117紙&電子同時発行」企画に参加しているからです!

つまり本作は、電子書籍でも8/21から販売致します。Kindleを使っている方は、ぜひご検討くださいませ!(紙の本と内容は同じです)

Kindle販売ページ

また、今回のコミティアでは、私の新刊や既刊以外にも頒布物があります。おしながきは別途まとめてUpしますが、取り急ぎ関連ツイートを以下にはりつけておきます!






2016年08月18日

夏コミのおしながき!

おしながき作りました!
新刊を買った方には雪風既刊1冊サービスもやります!(出血)
新刊や既刊の詳しい情報はトップの一つ前の書き込みやメニューの「二次創作」からご覧ください!

 

2016年08月05日

夏コミ新刊告知!

夏コミの新刊告知です!!
頒布スペースは、コミケ2日目(8/13)J40a「春夏秋冬春一番」です。

「陽 ―奇跡と呼ばれた駆逐艦の手記― 第一集」
2016/8/13刊行/個人誌
文庫/140ページ
文章/弥生肇、 装画/我新すみ、 表紙意匠/ぶやん(箱庭計画)
イベント頒価500円

艦これ二次創作。大戦を生き抜いた駆逐艦「雪風」が、戦後に手記をしたためました。この第一集では、とある少女が佐世保で艦娘に志願して、訓練の末に佐世保鎮守府で「雪風」となり、呉鎮守府へ配属となるまでを振り返ります。

<目次>
第一部 佐世保の司令長官と秘書艦
 幸せな、はじまり
 先輩艦娘
 初めての海上演習

第二部 駆逐艦『雪風』と『磯風』の誕生
 軍に誘われた少女
 陽炎型八番艦に任命されて
 お酒と、語らい
 大切な双眼鏡

通販:BOOTH (※コミケ終了後、1~2週間しての発送となります)

本文サンプルは、私のpixivページにUpしています!

今後、第二集、第三集……と、雪風の生涯を史実ベースで描ききる予定です。

コミケでのお品書き等も8月初にUp予定です。既刊の頒布もあります!

「ぜひ夏コミにお越し下さい、しれぇ!」

2016年07月30日

夏コミ参加します/2日目(土)J40a

夏コミのスペースいただきました。2日目(土)J40a、艦これです。
コミケのウェブカタログでお気に入り登録頂くと、場所確認など便利です。
コミケウェブカタログのサークル「春夏秋冬春一番」こちら
新刊は、雪風の手記本です。せっせと準備中です。

本の詳しい情報や本文サンプルなどはもう少ししてから公開しますので、お待ち下さい、しれぇ!

2016年06月26日

メニューに「依頼 -Commission-」を追加しました

件名そのままですが、メニューに「依頼」の項を作りました。

もし商業/同人でご依頼される場合に目安となるような、私のスケジュール空き状況や過去実績、原稿料レンジなどを記載しています。

もしなにか頼みたくて、でもちょっと……となってる方がおられましたら、お気軽にご連絡くださいませ。
相談のみでも、なんでも構いません。

2016年05月20日

コミティア116参加します

前日夜の書き込みで申し訳ないですが……

お品書きです。既刊を特化大放出です。
載せられてませんが、他に掌編集や「What is Hybrid Library?」(紹介冊子)も頒布します。

なお、BOOTHでも買えるので、興味あるけどイベントに来られない方はそちらをご覧下さい!

近況。最近はビジネス書やソーシャルゲームシナリオの案件を頂けるようになって、よろずライター専業に身を振ったのですが、なかなか生活リズムや要領を組み立てられず四苦八苦してます苦笑。
同人活動は縮小気味になっちゃってますが、夏頃を目処にしっかり立て直して、公募活動・同人活動を再開していきたいと思います。

よろしければ引き続き、お付き合いくださいませ。

 

2016年05月04日

BOOTHでいろいろ通販しています

過去に作ったライトノベル合同誌や艦これ合同誌、個人誌をBOOTHで通販しています。
ご興味ある方は、のぞいてみてくださいませ!

 

作品情報は、本サイト内の「作品 - Works-」「二次創作 -FanFiction-」にも掲載しています。

2016年04月15日

コミティア116申し込みました。ゆり小説!

5/5に東京ビッグサイトで開催されるコミティア116に申し込みました。

「ユキとのんこのおつきあい」という、ちょこっとゆりゆりしたライトノベルを頒布します。
他に既刊合同誌なども持っていきます(どんな既刊があるかは「作品 -Works-」をご覧ください)。

2016年02月22日

夏コミ申し込みました。今回も艦これ/雪風

「二次創作 -FanFiction-」の中にも書いてますが、
雪風が戦後に手記をまとめたという形で、「陽 -とある艦娘の手記-」第壱集を出す予定です。
太平洋戦争~台湾での日々まで全部一冊にするととんでもない量になるので、今回はミッドウェー海戦頃までの内容になるのでは、と……。ちょいちょい、書いていこうと思います。完全に趣味だ!

ちゃんと書き上げないと、「しれぇ!」って雪風に怒られてしまう……。

2016年02月07日

サイトを大改装しました

今の「春夏秋冬春一番」を2010年に公開してから早5年以上……やっと、改装に踏み切りました。
SNSやらいろいろ充実してしまって、自サイトを持つ人が随分少なくなってしまった昨今ですが、過去から最新情報までを見やすく集約した母艦サイトは、やはり意義があると思います。それゆえの、大改装でした。

今後の活動の更新は、はてなブログや各種SNSを用いつつ、この母艦サイトにくれば全てわかるような状況をうまく作っていきたいなーと思います。今後とも、どうぞよろしくお付き合いください。

2016年02月02日