企画 - Project -

◆2011年冬企画: ライトノベル合同誌企画「Hybrid!2 -2011 winter-」

プロの作家/イラストレーターもたくさん参加しています。A5サイズ。Side-Lが324P、Side-Rが328P。
イベント頒布各1200円



【企画の概要、コンセプト】
Twitterを通じて知り合った、ラノベを書いている猛者各位の作品を集めて本にしてみたい。
小難しい意図はなく、弥生肇が、ただ、面白そうだと思った故に、発起。
その第二段。

有志で集まって、面白い本作りながら面白いことやってます。
ライトノベルとは何か?
小難しく考えずに、感じるままに、楽しみましょう。


1.企画名、誌名
Hybrid!2  -2011 winter-
Side-L、Side-Rの2分冊。それぞれイベント販価1200円。(ショップ委託1400円予定)

2.スケジュール
・2011年8月〜2012年1月制作
・2012年2月5日コミティア99〜頒布


.本の概要
テーマは「夏以外の季節」、または自由題。
字数は上限約3万字。ハイブリッドページ(A5/21字x28行x3段)で29P上限+扉絵1枚、挿絵1〜2枚。

●作品リスト
○Side-L
カバー: にもし / 口絵: 大槻満奈

@「冬世界 - whole winter world -」蒼井拓/倉橋瑞希

冬以外の季節を知らない世界で、少年は不思議な少女を見つける。無知で無垢な少女との出会いから、少年の世界は次第に、そして大きく変わる。

A「スノードロップ」黒金蚊だすいけ/鴨川彰

学校の屋上とコタツと鍋。囲むは少年と少女二人。黒髪とふわふわ栗色ヘアー。軽くない過去を背負う彼らはしかし、ある花言葉に押されるようにして、視える未来へと進む。

B「ニリツハイハンジショウ」壬生沙樹/にもし

孤高の女殺し屋スズナは、己の人生を狂わす存在ミナトに出会う。荒んだ日々に穏やかな色が混じり、戸惑いと安堵のアンビバレンツでスズナは飽和する。二人の死闘の先には……。

C「文豪系腐女子・江ノ島リョーコの初恋」動野たけのこ/大槻満奈

文豪、腐女子、初恋。三題噺のように組み合わされた三要素は、読者の予想に沿って滑り出すかに見えて、やがて高次元の物語を紡ぎだす。不思議な読後感。

D「暗闇の中で妹様」茶渡詠爾/鐶庵

それは理性の惑う暗闇。蠱惑的に、扇情的に絡み合う音が物語へ読者を迷い込ませる。その中で異彩を放つ黒髪の少女は、男達も、そして怪物すら手玉に取る。その様まるで、夜空の月のよう。

E「にじゅーまる!」Jan/猫ノ瀬ぬこ

何でも完璧◎の俺。貧しい日々から這い上がろうと密かに苦心した結果だ。そんな俺が受けた家庭教師バイトで待っていたのは、利口な美少年と元気な美少女。だけど何かがおかしくて……

F「昴流さんと心無い日々」鳳千影

世界が革命される確率は?そんなもの誰も知らない。だけど確実に革命は起きる物で、この連作もきっと貴方に革命をもたらす。文字列表現のフロンティアを体感できる珠玉の作品集。

G「灰色のアムネシア」東雲/ホーンヘルム

貴方は"自分"を持っている?それは割と難しくて、時折何かの役割を演じている感覚に苛まれる。でも些細な出来事が変化をもたらすんだ。まして事件なら?そんなとある女の子の話。

H「宙のセカイの法則」湯ノ浦ユウ/wingheart

ハロー、世界。この世界はいつか終わる。無数の悲しみがあり、同じくらいに人の願いがある。それに応えて歩く存在がいたとしたら。一体誰が彼女の願いに答えるのかな。

I「砂漠の雪とオアシスの少女」弥生肇/折紙ジョニー

寒冷の大地アルスには雪の降る砂漠が広がる。人心すら冷え込む地で、オアシスのような笑顔で真っ直ぐに生きる少女がいた。歴史の中にひっそりと輝く彼女の、ほんの一節。

J「仮想世界のヴァイオリニスト」八神きみどり/まぐろの

青い空の下、弦楽器の旋律が漂う。オペラシティの街角で少女達はオーケストラを作ろうと語り合う。だがそうするにはいささか儚い世界だった。綻んだ絆の行く末は……

K「三輪山の六花」鳥村居子/もも

俺はとある血筋の分家跡取り。本家への道中、気づけば見知らぬ風景にいた。白い光降り注ぎ草木に覆われた地は俺の知らない三輪山だった。そこで出会う少女は、かの大物主神だと名乗る。


○Side-R
カバー: 和錆 / 口絵: 雨音くるみ

@「ハッピーファッキン・ハチクロファッカー(反社会性自分探shit!!)」百壁ネロ/じゅり

SPAM!銃を構えるのはよく知る女の子。足がもつれるように駆け出す物語は、血や汗や青春で満ち、どこか可笑しく切ない。

A「Gokibrid!」聖護院大根/日篭

人類はもうすぐ絶滅すると、女神を名乗る者に告げられる。半信半疑の主人公だが、渡されたアイテムが思わぬ形で発動。可愛くて規格外の女の子との、ドタバタG級の日常が始まる。

B「バカだから 〜修学旅行〜」高遠夕/秋野すばる

これぞ男子、これぞバカ!どうしようもないくらいに修学旅行。極めれば何だって最後には輝く。はいぶり定番となりつつあるノンストップラブバカコメ、今回も死角なし。

C「未来探偵ソラとピヨちゃん -illegal juvenile-」フワフワソ/蜜樹きゅっきゅ

今日ものんびり探偵稼業。だけど今回の事件にはドラッグや大金の影。依頼主の女の子の嘆願に、二人は勇気を振り絞る!が!

D「ピタゴラスにキスを」曽山えく/こみね

目覚めのキスは果たして幸せなのだろうか。人の感情もその少女が持つものも、数学や物理では計り知れない。ただ駆り立てられ避けられない。だけどやっぱり、答えは変わらないんだ。

E「帯の黒猫」こかぜりょう/水玉子

冬至の夜。着物姿の叔母の帯には、今にも動き出しそうな黒猫の刺繍があった。幼心に、親戚の家の雰囲気や不気味な襖の絵を恐れた事はない?そんな気分を思い出す、姉弟の不思議なお話。

F「ESP研究部の部日誌」山城尚士/天風そら

黒髪ボブの女の子が占いのカードをめくり、くせ毛少年が寝息を立てる、そこはESP研究部。その部日誌に秘められた謎とは?学園で繰り広げられる推理劇は、どこか懐かし風味。

G「新説桃太郎伝説」晴丸/かじ

桃太郎と聞いて浮かぶのは、絵本などに描かれたお馴染みのお話ですね。でも、どこからどうしてそんなお話が生まれたと思います?それはきっと、おいそれと語れない真実があったからなのです。

H「雪だるまは怖くない」矢儀崇史/鐶庵

夏のとある日。不思議な雪だるまを見つけたのが事の始まり。変な女の子は現れるわ、街は雪に包まれるわ、しんがりは巨大雪だるままで。でも怖がる必要はないんだ。心温まるお話。

I「ホンモノ」萩原穂麦/雨音くるみ

本物とは何だろう。定義に沿う物だけが本物じゃない。大切に出来るからこそホンモノなんだ。どんな苦しみにも耐えられるくらい貴重で、何よりも失うのが怖くて、一緒だと安心できるんだ。

J「恋するスノーフレア」國生ほとり/めのくらげ

マンションの一室でオフィスシェアする二人の女性。そこに届いた大きな小包は爆弾らしかった。クールに、だけど秘めた熱い誰かの想いは、冬空の下でクライマックスを迎える。

K「運河鉄道に忘れ物はない」一ノ瀬芳葵/和錆

人が宇宙に移民し始めた時節。今は水没したかつての街の間を走る運河鉄道があった。自殺を決意していた青年は、人形のように可愛らしい少女と出会う。忘れ物はもう、ない。



編集: OST lab.
アートディレクション: MLATAMA(OST lab.)


【過去のHybrid!】

Hybrid!-zero-、2011年5月〜頒布実施。


Hybrid! -2011summer-、8月より頒布開始。250冊以上頒布。


興味を持たれた方、質問は、弥生肇まで、Twitterやメール(mailbox(あっと)hajimeyayoi.jp)でご一報ください。

サイト「春夏秋冬春一番」Topへ

inserted by FC2 system